札幌馬主協会

お知らせ・イベント

第17回 馬産地懇談会を開催しました

2021年11月1日
新ひだか町の静内エクリプスホテルにて
17回目となる馬産地懇談会を
新型コロナウィルス感染拡大防止対策を講じながら開催いたしました。
昨今の状況を鑑みて開催を控えていた関係で2019年以来となる開催となりました。

この日は87名の方に出席いただき
講演をJRA美浦トレーニングセンター所属の 国枝 榮調教師にお願いし
『競馬にかかわって50年。今振り返って思うこと。』と題して約1時間貴重なお話をしていただきました。

札幌馬主協会会員の中には地元の軽種馬生産者も多く、
質疑応答では熱心に質問を寄せてくださいました。

18時半からは第二部として立食懇談会をはさみ
第17回馬産地懇談会は19時半に閉会しました。

お忙しい中ご参加いただいた皆様、誠に有難うございました。

S__4481027

S__4481030

S__4481033

ジェイエス秋季繁殖馬セール2021が開催されました

ノーザンファーム繁殖牝馬セール2021に続き、

10月27日(水)にはジェイエス秋季繫殖馬セール2021が新ひだか町の北海道市場にて開催されました。

画像1

 

新ひだか町静内にある競走馬の総合商社、株式会社ジェイエス主催の繁殖牝馬セール。

昨年、牝馬3冠を達成したデアリングタクトの母デアリングバードや

障害G1・7勝馬オジュウチョウサンの母シャドウシルエットがこのセールで取引されたのは有名ですが、

今年のセントライト記念を制したアサマノイタズラの祖母オペラレディもこのセールで取引されました。

 

また、今年のエプソムCの勝ち馬ザダルの母シーザシーもザダルを出産した後に

このセールで取引されており、日高の馬産の活性化に一役買っています。

画像2

 

7時30分の開場から続々と来場した購買者たちは過ごしやすい気温のなか、

思い思いに繁殖馬の馬房を回ってチェックしていました。

購買者たちの熱い視線に、送り出す方の生産者たちも馬を引く手に力が入ります。

画像3 画像4

画像5 画像6

 

せりに向かう直前、緊張の面持ちを見せる上場馬を牧場スタッフが優しく支えます。

画像7

画像8

 

 

最高価格馬は上場番号62番、パイネ(2017年生、17戦入着、未供用、父ディープインパクト、母ミスアンコール)でした。

画像9

祖母が重賞6勝のブロードアピール、全兄にダービー馬ワグネリアン、

全姉はアネモネSを勝ったテンダリーヴォイスという血統馬で、(有)グランド牧場に5100万円で落札されました。

 

上場頭数:217頭(前年215頭)

売却頭数:154頭(前年140頭)

売却率:70.97%(前年65.12%)

平均価格:3,683,214円

売却総額:567,215,000円

(税込)

 

 

株式会社ジェイエス代表取締役の服部健太郎氏はセール後のインタビューで

「昨今の状況を鑑みますと、繁殖牝馬をそのままキープして生産して来年の1歳市場に出した方が…と考える方が多いと思いますので、

みなさんが声をかけていただいて良い数字は取れたのではないかと思います。

血の入れ替えをしたい人というのは一定数いますので、そのニーズに応えることはできたのではないかと思っています」

とコメントしました。

 

ジェイエスは翌1月にも冬季繫殖牝馬セールを予定しています。

 

このセールが2021年最後のサラブレッド市場となりました。

今年は1歳市場などでオンラインビッドが周知されたように、ウイルスと共存しながら少しずつ前へ向かって歩みを進めた年でもありました。

来年は一日も早く通常の生活が戻ってくることを切に願います。

 

画像10

 

ノーザンファーム繫殖牝馬セールが開催されました

ノーザンファーム繁殖牝馬セール2021が10月26日(火)、苫小牧市のノーザンホースパークにて行われました。
このセールは2019年に新設され、今年で3回目の開催となりました。

DB4C51E4-B3D5-40A9-86C2-F9E0CF3B76F4 EA29B538-84F8-4BDE-A1E0-809C6E02EA21

 

 

 

 

 

 

 

 

10時15分から展示がスタート。

残念ながら天気に恵まれない一日となりましたが、過去最高となる上場馬70頭がお披露目されました。

A0352449-342B-4705-86D3-C0F88CE2C61B

109ED6E9-60EF-4F38-9B96-BC7FA8CB50FA

 

366C8EE1-4A52-4858-8E60-D3236A56CF9F AE56DA2F-2B92-4EEC-AC9A-2697072CDE1C

 

展示が開始した直後から雨足が強くなり、土砂降りといえるほどの悪天候になりましたが、

購買者たちはせり前に展示された馬たちを熱心にチェック。

購買者たちの熱視線が注がれる上場馬たちの体からは蒸気が立ち上がっていました。

 

6E7FBFDB-A01B-4865-B0D8-45B5E06EE366   3D2FC85F-232D-4541-8EDE-C3C8227A882C

 

用意されていたカッパを着用することなく、傘もささずに見入っている購買者も多くいて、

その熱心さが非常に印象に残りました。

 

時折、雨足が弱まりましたが、せり終了後も雨は強く降り続きました。

300CD8E9-4CFD-4E39-8446-27E279395D9D
最高価格馬は上場番号51番のエトワール(2016年生、17戦2勝、未供用、父ハービンジャー、母ファシネイション)。

近親に皐月賞馬ヴィクトリーなどがいる良血馬で、シンボリ牧場に4000万円で落札されました。

 

59F4FB37-7788-4F2F-B4B5-3F1F2CEA1963

 

ノーザンファームの吉田俊介副代表は
「一番高い馬の値段は(前年より)下がったのですが、平均して売れたと思います。

いいと思った馬はたくさん競っていただいて、高額になったと感じました。

受胎種牡馬に関してもリーディング上位の馬ですとか、

デビュー前の新種牡馬の馬が入っている馬がたくさん売れましたので、それらに人気が集まったと思います」

とセールを振り返りました。

 
上場頭数:70頭(前年64頭)
売却頭数:64頭(前年62頭)
売却率:91.4%(前年96.9%)
平均価格:10,750,000円(前年11,193,548円)
売却総額:688,000,000円(前年694,000,000円)
(税抜き)

4E623B18-FCEA-466F-9344-8F5DC238E084

 

この翌日には静内北海道市場にて「ジェイエス繁殖馬セール」が開催されました。
そちらの模様もご報告いたします。

 

繁殖馬セール情報

本年度の1歳サラブレッド市場は終了しましたが、2つの繁殖馬セールがまもなく開催されます。

盛況だった今年のセールで牧場の血の入れ替えを考える生産者も多いのではないでしょうか。
競走生活を終えた牝馬にも価値がある。
その言葉どおりに、繁殖馬セールで売買された繁殖の産駒は近年目覚ましい活躍が目立っています。

ノーザンファーム繁殖牝馬セール2021 (2019年に新設)
10月26日(火)
展示 10:15~11:15
せり 12:00~
上場頭数 70頭
場所   ノーザンホースパーク

2021ジェイエス繫殖馬セール
10月27日(水)
開場 7:30~
せり 10:30~
上場頭数 218頭(10/22時点)
場所  日本軽種馬協会北海道市場
 
 
 
B98A507E-A7AD-4554-88A5-C4165508DE86

オータムセールが開催されました

10月18日(月)~19日(火)の2日間にわたり、北海道新ひだか町の北海道市場においてオータムセール2021が開催されました。

1歳セール最後のせり市場となるオータムセールから最近ではラジオNIKKEI賞を制したバビット、
そしてG1を7勝したテイエムオペラオーや桜花賞馬キストゥヘヴンなどの活躍馬が出ています。

購買登録者数は1058名で、昨年の1004名を上回って過去最高となりました。

10月18日(月) 1日目

快晴ながら冬の足音が近づいていることを感じさせる冷たい空気のなかでしたが、
多くの購買者が来場し、8時半から行われた比較展示では若駒たちに熱視線を送っていました。

A9EBB6F6-4E3C-478B-99A7-B7D73C052317

 

 

 

 

 

 

 

 

生産者たちが懸命に仕上げてきた愛馬は、太陽に照らされてより毛艶が冴えます。

A1987ACD-40A9-431B-ACCE-E8FDAFD4F80C 7EFF8F3F-AB3D-4205-85F3-31E4BCAF4A1A

 

 

 

 

 

 

 

ここ一連のセールの好調さを示すように、12時から開始した今回のせりも活発な声がけがありました。

 

 

この日の最高価格馬はミントフレッシュ2020(牡、父ダイワメジャー)で、1550万円でした。

S__31727631

 

 

 

 

 

 

 

【18日 1日目成績】
上場頭数 213頭(牡71頭、牝142頭)
落札頭数 162頭(牡55頭、牝107頭)
売却率 76.06%(牡77.46%、牝75.35%)
売却総額(税込) 591,470,000円(牡236,720,000円、牝354,750,000円)
平均価格(税込) 3,651,049円(牡4,304,000円、牝3,315,421円)最高価格(税込) 17,050,000円

No.206 ミントフレッシュ2020(牡)
父ダイワメジャー 母ミントフレッシュ(母父War Front)
落札者 藤原 正一氏
販売者 社台ファーム

AFC1C46B-4B8A-4B76-8826-6F188014C54A

 

 

 

 

 

 

 

 

10月19日(火) 2日目

前日は朝方に冷え込みましたが、この日は寒さが和らぎました。
初日に引き続き、朝の比較展示では購買者が入念なチェックを行っていました。
5985812A-C6A6-4530-B556-BD06D7B0BE7C

 

 

 

午前中は青空が見えたものの、12時のセール開始には時折、土砂降りに見舞われました。

62C4559F-13E5-4219-AC7B-A1C5251DDF64  F0ED3298-3CFC-483C-8602-9015C2645CA0 2708529C-E150-4562-A79B-B9B71E7287A6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も雨足が弱まったり、強くなったりと秋らしく変わりやすいお天気になりました。

お客様や関係者が雨で冷えた体をジェットストーブで温める場面もありました。

 

A4E9DCA6-3684-493B-A880-49B0C808FF9B 25F73C69-930D-41A9-B401-3E26C10A806E

 

 

 

 

 

 

セリは2頭目から1000万円を超える声がけがあり、この日は7頭が1000万円超えと相変わらずの好調ぶりです。
2日目の最高価格馬はビヴァレッジクイーン2020(牡、父Good Samaritan)で、2300万円でした。

5733C27A-F4F2-4172-8686-23D1635F2A8F

 

 

 

 

 

 

 

【19日 2日目成績】
上場頭数 244頭(牡117頭、牝127頭)
落札頭数 186頭(牡94頭、牝92頭)
売却率 76.22%(牡80.34%、牝72.44%)
売却総額(税込) 677,490,000円(牡421,300,000円、牝256,190,000円)
平均価格(税込) 3,642,419円(牡4,481,915円、牝2,784,674円)
最高価格(税込) 25,300,000円
No.372 ビヴァレッジクイーン2020(牡)
父Good Samaritan 母ビヴァレッジクイーン(母父Indygo Shiner)
落札者 藤原 正一氏
販売者 (株)白井牧場

 

 

 

【2日間総合成績】
上場頭数 457頭 (牡188頭、牝269頭)
落札頭数 348頭 (牡149頭、牝199頭)
売却率 76.15% (牡79.26%、牝73.98%)
売却総額(税込) 1,268,960,000円 (牡658,020,000円、牝610,940,000円)
平均価格(税込) 3,646,437円 (牡4,416,242円、牝3,070,050円)
最高価格(税込) 25,300,000円
No.372 ビヴァレッジクイーン2020(牡)
父Good Samaritan 母ビヴァレッジクイーン(母父Indygo Shiner)
落札者 藤原 正一氏
販売者 (株)白井牧場

オンラインビッドによる最終落札頭数は8頭(全売却頭数の2.3%)で、一度でもオンラインビッドが入った頭数は33頭(全売却頭数の7.2%)でした。

(価格は税込で表示しています)

 

283C64D8-F0FF-4745-BF9D-B3881FE9F20C

オータムセールが開催されます

馬産地ではサラブレッド親子の離乳が進み、親子一緒の姿をみることが少なくなってきました。
短い秋がやってきています。

S__31023121 
 
 

1歳セール最後のせり市場となるオータムセールが10月18日、19日に開催されます。
オーナーの皆様にとってはセリで購入してからデビューまで最短で迎えられるという魅力があります。
 
 

新規登録馬に加えて本年度開催された国内1歳市場に申込歴のある馬からの再上場馬が出揃い、全508頭のラインナップとなりました。
今回も新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を講じて「通常開催」いたします。
※やむを得ずご来場できない場合に限り、WEBサイトを利用したオンラインビッドシステムによる購買参加が可能となります。
※購買者登録は事前登録のみとなります。

そのほか詳しくは主催者サイトでご確認ください。
 

HBA日高軽種馬農業協同組合 
 

オータムセール2021 
 
10月18日(月)~19日(火)2日間開催
展示  8:30~
せり  12:00~
 1日目 10月18日(月) 233頭 № 1~233   新規馬
 2日目 10月19日(火) 275頭 № 234~508  再申込馬※
 【計508頭/♂208、♀300】
※再申込馬とは、本年度開催された国内1歳市場(セレクションセール、サマーセール、セプテンバーセール、セレクトセール、八戸市場、九州市場)に申込歴のある馬です。

セプテンバーセールが開催されました

2021年9月21日(火)~22日(水)の2日間に渡り、セプテンバーセール2021が、北海道市場にて開催され478頭が上場されました。

セプテンバーセールはサマーセールの上場頭数を分散させる目的で2019年より設立された3年目になるセールです。

 

北海道も緊急事態宣言下にありましたが、この度も新型コロナウィルス感染予防対策が講じられながらの通常開催となりました。

購買登録者数は1,002名と、昨年とほぼ変わらず。

引続きオンラインビットとのハイブリッド入札制度が設けられ、事前登録した61名の購買者が遠距離からでも馬を購入できる体制で開催を迎えました。

 

9月21日(火) 1日目

 

セプテンバーセール初日は秋らしい陽気で始まりました。

8時半から各上場番号順に比較展示が行われ、サマーセールと同様、多くの購買者がじっくりと見定める光景がありました。  

FDBEAEF7-1279-4C68-B063-947B4F7331AFF8470A23-690D-4D97-B7EB-568AEB319B4D_R

 

 

 

 

 

 

 

0BD10EB7-1026-4D59-AC5F-EF911E62A980_R9BD07396-7F92-4FD0-B6CD-051D6F792D7F_R

 

 

 

 

 

 

 

 

セール開始前の木村貢市場長の挨拶では、2018年に北海道市場セレクションセールにて取引され、

先日フランスのGⅡフォワ賞を優勝したディープボンド号の快挙を紹介し、今後も北海道市場から活躍馬が出ることを期待したいと話しました。

 

その期待に応えるようにセール開始直後から活発な声がかけられ、セプテンバーセールは順調な滑り出しとなりました。

この日の最高落札額馬は ルドラ2020(父シルバーステート) で2400万円でした。

S__76316676

 

 

 

 

 

 

 

 

21日 1日目成績】

上場頭数 244頭  (牡108頭、牝136頭)

落札頭数 184頭  (牡89頭、牝95頭)

売却率  75.4% (牡82.4%、牝69.85%)

売却総額(税込) 831,490,000円 (牡462,220,000円、牝369,270,000円)

平均価格(税込) 4,518,967円 (牡5,193,483円、牝3,887,053円)

最高価格(税込) 26,400,000円

No.95 ルドラ2020

父シルバーステート 母ルドラ (母父Cape Cross)

落札者 二宮 幸三 氏

販売者 土田農場

 

 

 

9月22日(水) 2日目

0C4312F4-EE0F-4D63-B669-EB38E33FC308

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は朝から雲が広がり、強めに吹く風が雨の訪れを感じさせながらお昼までは心配された天気が持ちました。

午後になって一時本格的に雨が降ってきたものの、次第に小雨へと落ち着きました。

CED12098-9A3D-4A2B-B525-9391AC06E8FC 49551D6C-933C-490D-B763-056D2F3F4D41

 

 

 

 

 

 

 

雨の中でも生産者たちは馬を磨き上げ、出番に備えます。

F16B3684-9E0B-40A8-B9CE-CA024A8CDE98CB2B73B2-8842-45D3-8306-D1E3F5849C2B

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の最高価格は3100万円で落札されたアマルフィターナ2020。

昨日に引き続き最高価格はシルバーステート産駒でした。

 

S__76374022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終日の終了時刻は18時前でしたが、先月のサマーセールと比べて早い陽の沈みに秋の気配を感じさせられました。

 

8A7D89B2-2A2C-466B-863D-001E7FB6954D

 

 

 

 

 

 

 

 

【22日 2日目成績】

上場頭数 234頭 (牡96頭、牝138頭)

落札頭数 162頭 (牡74頭、牝88頭)

売却率  69.23% (牡77.08%、牝63.76%)

売却総額(税込) 858,660,000円 (牡463,980,000円、牝394,680,000円)

平均価格(税込) 5,300,370円  (牡6,270,000円、牝4,485,000円)

最高価格(税込) 34,100,000円 

No.339アマルフィターナ2020

父シルバーステート 母アマルフィターナ (母父シンボリクリスエス)

落札者 了德寺健二ホールディングス(株)

販売者(有)アクセス・ワン
 
 
 

【2日間総合成績】

上場頭数 478頭 (牡204頭、牝274頭)

落札頭数 346頭 (牡163頭、牝183頭)

売却率  72.38% (牡79.90%、牝66.79%)

売却総額(税込) 1,690,150,000円 (牡926,200,000円、牝763,950,000円)

平均価格(税込) 4,884,827円 (牡5,682,209円、牝4,174,590円)

最高価格(税込) 34,100,000円

No.339アマルフィターナ2020

父シルバーステート 母アマルフィターナ(母父シンボリクリスエス)

落札者 了德寺健二ホールディングス(株)

販売者 (有)アクセス・ワン

 

オンラインビッドによる最終落札頭数は13頭(全売却頭数の3.76%)で、

一度でもオンラインビッドが入った頭数は40頭(全売却頭数の11.56%)でした。

 

0C2438DD-CCA7-441D-A5F7-EF05059DB57E

 

 

来月は北海道市場今季最後の1歳セールとなるオータムセールを迎えます。

 

 

 

 

 

セプテンバーセールが開催されます

暑かった夏が終わり、一段と青空が高く見えるようになりました。

最近は放牧地に離乳した当歳馬たちが多くみられるようになってきました。

 

9月21日、22日はHBA北海道市場でセプテンバーセールが開催されます。

2019年に新設されたこのセプテンバーセール。

これまで高額で取引されている馬がいることもあり

このセールを目標に無理なく成長を続けてきた1歳馬たちが上場されます。

 

 

2021 セプテンバーセールをオンラインビッドで落札をお考えの方は事前登録された方のみとなっています。

そのほか詳しくは主催者サイトでご確認ください。

 

HBA日高軽種馬農業協同組合

セプテンバーセール2021

9月21日(火)~22日(水)の2日間開催
〈上場日割〉 9月21日(火)272頭 №.1~272

9月22日(水)258頭 №.273~530

【 計 530頭/♂227、♀303】

 

0AE285CB-0AA6-4635-A772-82DE625AB89C_R

今年の北海道シリーズが終了しました

新型コロナウィルス感染症対策で入場者は限定ではあるものの
有観客での開催が叶った今年の夏競馬。
2年ぶりの歓声が札幌競馬場に戻りました。

東京オリンピックマラソン・競歩も開催されたため
札幌~函館~札幌と変則開催となり
歴史的に見ても異例の開催となりました。

最終日となった9月5日には、全レース終了後に芝コースが開放され、
ファンたちは名残惜しそうにターフを歩いて思い出に残していました。

来年はもっとたくさんの観客を迎えられるようになっていますように。

 

札幌競馬を写真で振り返ります

_MH70792_R

_MH71235_R _MH71312_R210627イメージ-1_R210627イメージ-6_R7066_MH70980_R210627イメージ-7_RMH708817_RMH703857_R7067_MH71113_R_MH70904_R

サマーセールが開催されました

8月23日から27日まで、静内の北海道市場においてサマーセールが開催されました。

今年は申し込み頭数が1413頭と多数であったため、

当初の4日間を1日延長して5日間で行われました。

 

23日(月) 初日

S__30744664

 

 

 

 

 

 

 

 

初日は朝からあいにくの雨模様でしたが、多くの来場者があり、

8時からの比較展示で真剣な眼差しを1歳馬たちに向けていました。

S__30744671

 

 

 

 

 

 

 

12時にセリがスタート。

1頭目のタイニーダンサー2020(父ヘニーヒューズ)がいきなりこの日の最高額となる4200万円を叩き出しました。

S__30408721

 

 

 

 

 

 

 

 

この後も熱い競り合いが続き、初日は終了時間が19時50分と長丁場になりました。

 

S__30408720

 

 

 

 

 

 

 

 

【1日目成績】

上場頭数 287頭 (牡163頭、牝124頭)

落札頭数 208頭 (牡119頭、牝89頭)

売却率 72.47% (牡73%、牝71.77%)

売却総額(税込) 1,505,020,000円 (牡1,003,310,000円、牝501,710,000円)

平均価格(税込) 7,235,673円 (牡8,431,176円、牝5,637,191円)

最高価格(税込) 46,200,000円

No.1タイニーダンサー2020

父ヘニーヒューズ 母タイニーダンサー(母父サウスヴィグラス)

落札者:宮崎 俊也 氏

販売者:(有)グランド牧場

 

 

 

 

24日(火)2日目

 

2日目の24日、日中は晴れ間こそあったものの、厚い雲に覆われ、時折霧雨が降りました。

それでも、午前中の比較展示に視線を送る人は初日より増え、セリの好調ぶりがうかがえました。

 

S__30416929

 

 

 

 

 

 

 

 

この日の最高価格は、ココモオレンジ2020(父ダンカーク)で2600万円でした。

コロナ禍でもあり、オンラインでの参加も多く見られました。

 

S__30416925

 

 

 

 

 

 

 

 

【24日2日目成績】

上場頭数 272頭 (牡140頭、牝132頭)

落札頭数 213頭 (牡110頭、牝103頭)

売却率 78.3% (牡78.57%、牝78.03%)

売却総額(税込) 1,441,330,000円 (牡817,410,000円、牝623,920,000円)

平均価格(税込) 6,766,808円 (牡7,431,000円、牝6,057,476円)

最高価格(税込) 28,600,000円

No.543ココモオレンジ2020

父ダンカーク 母ココモオレンジ(母父キングカメハメハ)

落札者:小笹 公也 氏

販売者:(有)大島牧場

 

 

 

25日(水)3日目

 

折り返しとなる3日目の25日は、朝から時折強い雨に見舞われました。

セリの途中には館内表示の現在価格や落札者の表示がされないというアクシデントがありました。

一時的に進行が中断したものの、競りあげやオンラインビッドには影響がなく、復旧するまでセリは続行されました。

 

S__30482444

 

 

 

 

 

 

 

 

最後には珍しい場面も。

ラストの上場馬が退場して程なく再上場馬1頭の申し込みがあり、

一旦終了したあと再度競り上げが始まり、3日目が終了しました。

 

この日の最高価格は、フォルクスオーパー2020(父シニスターミニスター)で2800万円でした。

 

S__30482448

 

 

 

 

 

 

 

 

【25日3日目成績】

上場頭数 276頭 (牡146頭、牝130頭)

落札頭数 206頭 (牡112頭、牝94頭)

売却率 74.64% (牡76.71%、牝72.3%)

売却総額(税込) 1,397,990,000円 (牡883,300,000円、牝514,690,000円)

平均価格(税込) 6,786,359円 (牡7,886,607円、牝5,475,426円)

最高価格(税込) 30,800,000円

No.655フォルクスオーパー2020

父シニスターミニスター 母フォルクスオーパー(母父テイエムオペラオー)

落札者:(株)吉澤ステーブル

販売者:(有)宮内牧場

 

 

 

 

26日(木)4日目

 

4日目の26日、会場の大きな注目を集めたのは静内農高生産馬、ナリタトップスター2020(父マクフィ)でした。

昨年は同校の生産馬テイエムケントオー(父マクフィ、母マドリガルスコア)が2500万円で落札。

今年は(有)ミルファームが520万円で落札しました。

S__30597182

 

 

 

 

 

 

 

 

S__30597186

 

 

 

 

 

 

 

ナリタトップスター2020が鑑定台に姿を現すとオークショニアから農高生へのエールがアナウンスされ、

落札後は拍手が送られるという心温まるシーンもありました。

S__30744672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は5日間で最も売却率が良く、最高価格はサトノベリーニ2020(父シルバーステート)で3300万円でした。

 

S__30539796

 

 

 

 

 

 

 

 

【26日4日目成績】

上場頭数 252頭 (牡144頭、牝108頭)

落札頭数 202頭 (牡118頭、牝84頭)

売却率 80.15% (牡81.94%、牝77.77%)

売却総額(税込) 1,473,010,000円 (牡1,005,950,000円、牝467,060,000円)

平均価格(税込) 7,292,129円 (牡8,525,000円、牝5,560,238円)

最高価格(税込) 36,300,000円

No.1112サトノベリーニ2020

父シルバーステート 母サトノベリーニ(母父キングカメハメハ)

落札者:二宮 幸三 氏

販売者:(有)フジワラファーム

 

 

 

 

 

 

27日(金)最終日

そして最終日の27日。ようやく好天に恵まれました。

 

S__30744673

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、すっかりなじんできたオンラインによるビッドが目立ちました。

最高価格はスピナッチ2020(父シニスターミニスター)の2500万円でした。

 

S__30597175

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで活発なセリが続き、5日間という長丁場で行われたセールは無事終幕しました。

 

【27日5日目成績】

上場頭数:249頭(牡143頭、牝106頭)

落札頭数:175頭(牡106頭、牝69頭)

売却率:70.28%(牡74.12%、牝65.09%)

売却総額(税込):1,095,050,000円(牡721,160,000円、牝373,890,000円)

平均価格(税込):6,257,429円(牡6,803,396円、牝5,418,696円)

最高価格(税込):27,500,000円

No.140スピナッチ2020

父シニスターミニスター 母スピナッチ(母父ゼンノロブロイ)

落札者:落合 幸弘 氏

販売者:(有)谷川牧場

 

 

 

【5日間総合成績】

上場頭数  1,336頭 (牡736頭、牝600頭)

落札頭数 1,004頭 (牡565頭、牝439頭)

売却率 75.15%

売却総額(税込) 6,912,400,000円 (牡4,431,130,000円、牝2,481,270,000円)

平均価格(税込) 6,884,861円 (牡7,842,708円、牝5,652,096円)

最高価格(税込) 46,200,000円

No.1タイニーダンサー2020

父ヘニーヒューズ 母タイニーダンサー(母父サウスヴィグラス)

落札者:宮崎 俊也 氏

販売者:(有)グランド牧場

 

 

 

 

 

 

オンラインビッドによる最終落札頭数は53頭(全売却頭数の5.28%)で、

一度でもオンラインビッドが入った頭数は236頭(全売却頭数の23.51%)でした。

S__30744674

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急事態宣言発令が迫る中、無事にサマーセールが終了しました。

今後、オンラインビットの需要も更に高まっていくのではないでしょうか。

 

先行きが見えない中でも関係者たちは休む間もなくこの後9月に開催されるセプテンバーセールの準備へと取り掛かることになります。

 

S__30744675

1 2 3 4 5 6 8