札幌馬主協会
メール

馬主登録について


詳しくはJRA馬主登録申請ページを御覧下さい»

競走馬を所有し、レースに出走させるためには馬主登録を受ける必要があります。
馬主登録に関する要件、お手続き等申請に関する内容は下記の通りです。


馬主の登録形態について

個人馬主

個人馬主は1人の自然人を馬主として登録するものであり、馬主全体の約85%を占めるもっとも一般的な登録形態です。

法人馬主
法人馬主は競馬事業を目的とする法人を馬主登録するものですが、その代表者が個人馬主としての登録要件を満たす必要があるとともに、法人の財務内容等も審査の対象となります。また、法人馬主代表者は個人馬主(または他の法人馬主代表者)として一定の経験を積んだ者でなければなりません。
組合馬主
組合馬主は3名以上10名以下の者がそれぞれ出資し、共同の競馬事業を行うことを定めた契約を結ぶことによって成立した組合を馬主として登録するものです。個人馬主と比較して組合員各々の所得要件が低いという点で登録を受けやすいという面がある一方、各組合員の出資比率は常に一定でなければならないといった制約があります。

馬主登録要件

経済要件

  • 個人馬主は今後も継続して得られる見込みのある所得金額(収入金額ではない)が過去2ヵ年ともに1,700万円以上、所有資産が7,500万円以上あること。
  • 法人馬主は代表者の所得・資産が個人馬主と同じ。法人の決算については過去2期の決算状況や剰余金の状況等が審査の対象となります。
  • 組合馬主は各組合員について今後も継続して得られる見込みのある所得金額(収入金額ではない)が過去2ヵ年ともに900万円以上であり、かつ組合名義の資産が1,000万円以上あることとなっています。

なお、軽種馬生産者については別途審査基準を設けています。


登録申請から登録、馬主活動について

  • 書類提出年3回の締め切り (審査機関・3~4ヶ月)
  • 審査
  • 馬主登録
  • 馬の購入
  • 馬名登録
  • 競走馬登録・肌色登録
  • 新馬デビュー

詳しくはJRA馬主登録申請ページを御覧下さい»